HOME観光・文化・スポーツ観光巨樹の里・いちう-モミの木

巨樹の里・いちう-モミの木

代表的な巨木の紹介

老木のイラスト

一宇蔭の大モミ

一宇蔭の大モミの写真

一宇蔭の大モミ(モミの木)は、幹周り6.45m、樹高47m、四国で2番目の大きさです。 推定樹齢は300年以上で、徳島県の天然記念物となっています。

 

木の写真

真下から樹の上方を見やると、空へ向かって伸びるその長さに木が重ねてきた年月、遥かな時間の経過が偲ばれます。 幹がまとっている深緑の苔も、樹木が永い時を経ていることを教えてくれ、巨樹のやさしさをたたえています。

 

木の写真

モミの木といえば、クリスマスの飾り付けをすることがよく知られていますが、この大モミをクリスマスツリーにするとなれば、想像するだに圧巻ですね。(近くからは飾りが見えないくらいですね。)

 

お供え物の写真モミの木の根本にはお供え物が。

 

一宇字蔭・蔭農道終点から徒歩で約3分。
まずは、国道438号線剣山方面、つるぎ町役場一宇支所を目指し、案内板に従ってください。

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力

このページの先頭へ

お知らせ

入札情報