HOME記事特定患者等の特例郵便投票について

特定患者等の特例郵便投票について

令和3年6月18日、特定患者等の郵便等を用いて行う投票方法の特例に関する法律が公布され、6月23日に施行されました。
今回の特例法では、新型コロナウイルス感染症で宿泊・自宅療養等をされている方で、一定の要件に該当する方は、令和3年6月23日以後にその期日を公示又は告示される選挙から「特例郵便等投票」ができるようになりました。
詳しくは、こちら(総務省ホームページ)をご覧ください。

特例郵便等投票の対象となる方

投票用紙等の請求時において、新型コロナウイルス感染症で、外出自粛要請又は隔離・停留の措置に係る期間が、投票をしようとする選挙の期日の公示又は告示の日の翌日から当該選挙の当日までの期間にかかると見込まれる方は、特例郵便等投票ができます。

手続の概要

1.特例郵便等投票の対象となる方で、特例郵便等投票を希望される方は、投票しようとする選挙の選挙期日(投票日当日)4日前までに(必着)、つるぎ町選挙管理委員会に次の書類を郵便で送付してください。

(1)外出自粛要請又は隔離・停留の措置に係る書面
(2)投票用紙等の請求書(本人の署名が必要です。)
特例郵便等投票請求書 (DOCX 56.5KB)

※郵送の際は、次の「受取人払郵便物の用紙」を封筒に貼り付けてください。
受取人払郵便物の表示 (PDF 148KB) 

2.自宅又は宿泊施設等の滞在する場所に、投票用紙と投票用封筒をお送りします。
3.投票用紙に候補者名を記載し、投票用紙を内封筒と外封筒に入れてください。
 外封筒の封をした後、外封筒の表面に、投票した年月日と場所を書き、署名してください。
4.投票用紙の入った封筒をポストに投函してください。

注意事項

特定患者等選挙人の方が特例郵便等投票の手続を行うにあたっては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に努めなければならないこととされています。
◆感染拡大防止の観点から、特例郵便等投票の手続を行う際には、「投票用紙等の請求手続について (PDF 156KB)」及び「投票の手続について (PDF 153KB)」に記載されている対策を実施してください。
◆特定患者等の方は外出自粛要請等がなされておりますので、郵便ポストに投函する際には、同居人や知人等(患者ではない方)にご依頼ください。
◆せっけんでの手洗いやアルコール消毒をし、マスクを着用して、他者との接触を避けるようにしてください。
◆投票用紙等を請求された後に宿泊・自宅療養期間が終了したため、従来通り投票所で投票したいという方は、郵便等で送付された投票用紙等一式を投票所に持参し、返却してください。

罰則

他人の投票に対する干渉や、なりすまし等詐偽の方法による投票について、公職選挙法上では罰則が設けられています。
◆投票干渉罪(1年以下の禁錮又は30万円以下の罰金)
◆詐偽投票罪(2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金)

濃厚接触者の方の投票について

濃厚接触者の方は、特例郵便等投票の対象ではありません。
投票のために外出することは「不要不急の外出」にはあたらず、投票所等において投票していただいて差し支えありません。
ただし、手洗い・アルコール消毒・マスク着用といった感染拡大防止対策の徹底についてご協力をお願いします。

 

参考

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

お知らせ

イベント情報

入札情報