HOME子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症予防接種について

子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症予防接種について

子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症予防接種について

現在、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)の
定期接種を積極的にはおすすめしていません。

 厚生労働省から通知(平成25年6月14日付)があり、ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の接種後に、因果関係を否定できない痛みが特異的に見られていることから、この副反応の発生頻度などを詳しく調査して、適切な情報提供ができるまでの間、積極的にはお勧めをしていない状況です。
 なお、希望者は定期接種として接種可能です。その際は、ワクチンの有効性とリスクについて理解した上で接種を受けるようにしてください。
 厚生労働省ホームページには、HPVワクチンに関する情報提供(PRチラシ等)も掲載されています。
 子宮頸がんは、発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの持続的な感染が原因となって発症します。性交経験のある女性であれば誰でも感染する可能性があります。
 100種類以上の遺伝子型があるHPVの中で、とくに発がん性が高いタイプ(16型、18型)の感染が問題となります。近年、20歳から40歳代の子宮頸がんは増加傾向にあります。子宮頸がんの約70%はHPV16、18型感染が原因とされています。その他、生殖器にできる良性のイボである尖形コンジローマの原因となることが分かっています。

接種対象者

 小学6年生から高校1年生相当の女子です。
 注記:令和2年度は、平成16年4月2日から平成21年4月1日までに生まれた女子です。
 1.現在、予診票の通知は行っていません。
 2.接種希望の方は保健センターまで母子健康手帳を持参のうえ、お越しください。

接種方法・間隔

 1.3回接種することが効果的だといわれていますので、最後まで接種を受けましょう。
 2.ワクチンは、2種類あります(2価と4価)。受け始めたワクチンで最後まで受けてください。
    途中でワクチンの種類を変更することはできません。
 3.ワクチンについても、かかりつけ医と相談のうえ、接種しましょう。
 4.接種間隔の「1ヵ月」とは、接種日から翌月の前日までをいいます。

予防接種の副反応

 予防接種により、軽い副反応がみられることがあります。また、極めてまれですが、重い副反応がおこることがあります。
 主な副反応は、発熱や局所反応(痛み、発赤、腫れ)です。まれに報告される重い副反応としては、アナフィラキシー様症状(ショック症状、じんましん、呼吸困難、など)ギラン・バレー症候群、血小板減少性紫斑病(紫斑、鼻出血、口腔粘膜の出血など)、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)等が報告されています。

接種後の注意

 ワクチン接種後、注射部位が腫れたり痛みの出ることがあります。また、注射による痛みや心因性の反応等による失神などの副反応が現れることがありますので、接種後30分くらいは医療機関で安静にし、様子をみるようにしてください。

接種費用

  無料(ただし、接種対象年齢内で、接種日につるぎ町に住民登録のある人)

接種場所

 町が委託している医療機関で接種できます。
 委託医療機関はこちら→定期予防接種委託医療機関一覧(PDF 109KB)

子宮頸がん検診も受けましょう

 ワクチンを接種しても、全ての発がん性のあるHPVによる病変が防ぐことができるわけではないので、子宮頸がん検診を受けることも必要です。20歳を過ぎたら、定期的に子宮頸がん検診を受けましょう。
 つるぎ町で実施している子宮頸がん検診はこちら→令和2年度団検診・個別検診のおしらせ

カテゴリー

お問い合わせ

つるぎ町保健センター

電話:
0883-62-3313
Fax:
0883-62-3312

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

お知らせ

イベント情報

入札情報