トップ住む支援制度

支援制度

住宅リフォーム補助金

町内の施工業者を利用して住宅の改修工事を行う場合、その経費に対して補助金が交付されます。

  • 補助金の額
    補助対象経費の20/100に相当する金額(上限20万円)
  • 補助対象者
    1. つるぎ町に住民登録をしている方で、引き続き1年以上居住していること
    2. 他の補助金を併用しないこと
    3. 町税の滞納がないこと

交付要綱

交付申請書(様式1)

お問合せ先

つるぎ町役場 住宅課
電話0883-62-3115

 

 

木造住宅耐震化促進事業費補助金

耐震診断及び耐震改修等を実施する場合、その経費に対して補助金が交付されます。

補助対象住宅、補助金の額等
事業区分 補助対象住宅 補助対象経費 補助率及び補助限度額(税込)
耐震診断事業 平成12年5月31日以前に着工された木造住宅 耐震診断に要する経費 耐震診断費用4万円のうち3.7万円(自己負担3千円)
住まいの安全・安心なリフォーム支援事業 平成12年5月31日以前に着工された木造住宅 県が指定する耐震診断で、評点が1.0未満と診断されたもので、過去に「住まいの安全・安心なリフォーム支援事業」、「木造住宅耐震改修支援事業」で補助金の交付を受けていないもの 高さ1.5m以上の固定されていない家具について、全てを固定する工事と併せて行う次の1.から3.に掲げる工事に要する経費(ただし、1.2.のうち一つ以上を選択し、県内に本店を有する建設業者等が施工するものに限る)
  1. 改修前と比較して改修後の評点を向上させる耐震改修工事(ただし、持家は0.7以上、貸家は1.0以上にするものに限る)
  2. 持家において、耐震シェルター、耐震ベッドを設置する工事
  3. 1.2.に相当する工事で、市町村長が認める工事
  4. 前各号に掲げるもののほか、市町村長が認める工事
補助対象経費の1/2かつ最大40万円(千円未満切り捨て)
※工事費20万円以上とする。
耐震改修支援事業 県が指定する耐震診断で、評点が0a.7未満と診断されたもので、過去に「住まいの安全・安心なリフォーム支援事業」、「木造住宅耐震改修支援事業」で補助金の交付を受けていないもの 高さ1.5m以上の固定されていない家具について、全てを固定する工事と併せて改修後の評点を1.0以上とする耐震改修に要する経費(ただし、耐震改修施工者が施工するものに限る) 補助対象経費の2/3かつ最大60万円(千円未満切り捨て)
住替え支援事業 昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅 現在居住する住宅の建替え又は他所へ住み替えるために住宅の全てを除却する工事に要する経費(ただし、延べ床面積80平方メートル以上の解体工事を行う場合は、解体業者が施工するものに限る) 補助対象経費の2/5かつ最大30万円(千円未満切り捨て)

交付要綱

交付申請書

お問合せ先

つるぎ町役場 危機管理課
電話0883-62-3111

このページの
先頭へ