HOMEくらし・手続きふるさと納税税制上の優遇措置について

税制上の優遇措置について

国の制度改正により、「ふるさと納税制度」が次のとおり拡充されました

寄附金控除の限度額の拡大

  • 個人住民税における特例控除額の上限が、所得割額の1割から2割へ
    これにより、全額控除される限度額が、これまでの約2倍に拡充されました。
    ※平成28年度分の個人住民税(平成27年1月1日以降の寄附)から適用となりました。

申告手続の簡素化(「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の創設)

  • 確定申告をする必要のない給与所得者等の方が地方公共団体に寄附を行う際に、寄附先団体に特例の申請をすることにより、確定申告を行った場合と同額の控除を翌年度の個人住民税から受けられます。
    ※平成27年4月1日以降に行われる寄附について適用されます。
    ※この特例の適用は、寄附先が5団体以下で、確定申告を行わない場合に限ります。
    5団体を超えて寄附を行う場合は、従来どおり確定申告を行う必要があります。

「ふるさと納税」の寄附金控除の計算式

所得税

〔地方公共団体に対する寄附金-2千円〕を所得から控除

  • したがって、この額に税率を掛けた額が所得税から差し引かれます。
    (対象寄附金は総所得金額等の40%を上限)

個人住民税

次の1.と2.の合計額を税額から控除

  1. 〔地方公共団体に対する寄附金-2千円〕×10%
  2. (※)〔地方公共団体に対する寄附金-2千円〕×〔90%-所得税率0~45%×1.02〕(寄附者の所得税の限界税率)

※2.の額は個人住民税所得割の2割が限度です。
※1.021は復興特別所得税率です。
※平成27年分から所得税率が5%~45%の7段階となります。
(対象寄附金は総所得金額等の30%を上限)

ふるさと納税制度や寄付金控除についての詳しい説明→こちら(総務省ふるさと納税ポータルサイト)

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

お知らせ

入札情報