HOME町政情報施策・計画つるぎ町工業団地優遇制度適用例

つるぎ町工業団地優遇制度適用例

優遇制度適用例

例えば、投下固定資産額が23億円で、地元雇用者数が25名の場合
徳島県とつるぎ町の補助金額を併せると、2億7,242万円となります。                          (県の地域ブランド化推進企業立地促進事業を適用した場合)

内訳詳細
投下固定資産額 230,000万円
(内訳) 土地代金 22,372万円
 
建物代金 67,628万円
償却資産 140,000万円
地元雇用者数25人の場合

町からの補助金額は併せて5,580万円
県からの補助金額は併せて2億1,662万円となります。

●工場立地補助金(2億5,242万円) 

町        (限度額 1億円)

4,580万円{(投下固定資産額ー地元雇用奨励金)×2%}

県        (限度額  10億円)※地域ブランド化推進企業立地促進事業の場合

2億662万円{投下固定資産額(土地代金除)ー地元雇用奨励金}×10%
※県補助金は、業種により補助率及び限度額が変動します。

●地元雇用奨励補助金(2,000万円)

町   (限度額 1,000万円)

1,000万円(25人×40万円/人)

県   (限度額 6,000万円)

1,000万円(25人×40万円/人)

情報提供報奨金(600万円

工業地域に進出希望のある企業を紹介し、その立地が決定した場合、紹介者に報奨金を交付します。

その他、国・県等の優遇制度

  • 不動産取得税の減免
  • 固定資産の減免(3カ年)
  • 企業立地資金貸付金等

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

お知らせ

入札情報